いっちの感じたこと。時々勉強法とか。

例えるなら具材たっぷりの鍋料理。

サークルの選び方

「俺は楽しい大学生活を送りたい」

「ほう」

「そのために重要なのがサークルだ」

「うん」

「かわいい女の子達と楽しく活動したい」

「はい」

「で、どうやってサークルを選べばいいのか」

「そんなのやりたい活動から考えればいいじゃないか」

「違うんだ。俺は女の子と過ごしたいだけなんだ」

「なら簡単さ。次の3つの指標を考えてみればいい」

「それはどんな指標なんだ」

「一つ目、同級生の女の子の数。ずっと一緒に活動するわけだから、これは非常に大事な要素だ」

「まあ一般的だな」

「でも、最終的な人数は入るまでわからない」

「新歓だけ参加する人も多いもんな」

「そこで二つ目、女の先輩の数」

「まあそうなるよな」

「引退してしまうから少し過ごせる時間は短くなるが、同級生に次いで大事な要素だ」

「そうね」

「じゃあ最後の指標だ」

「同輩と先輩の数以外にあるのか」

「それは、カッコいい男の先輩・同級生の数」

「ほう」

「カッコいい男がいると、来年後輩の女の子が入ってきやすくなる」

「将来性を考えるのか」

「まあその前にお前がカッコよくなれば問題ない」

「それは厳しいな」

「あくまでも他力本願か」

「カッコよければこんなことで悩んでいない」

「それもそうだ」