読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸襟を少しだけ開きたい

大学生が考えたことをつらつら書いていくブログ。本日の昼食から留学生活、勉強法から料理まで手広くカバー。

Enjoy thinking!

L'homme n'est qu'un roseau, le plus faible de la nature, mais c'est un roseau pensant.

お金をたくさん稼ぎたい

突然ですが、お金ってあると嬉しいですよね。

この世の中お金だけじゃないというのには全面的に同意しますが、だいたい90%くらいは何とかなるんじゃないかなと思います。特に今は留学先で貧乏生活をしているので、資金が潤沢ならいいなあとよく思います。私は将来お金をたくさん稼ぎたいなあと思っています。別にリッチな生活がしたい(ちょっとしたいけども)というのが主の目的ではありません。

給料=世の中への貢献度

社会人として働いて給料をもらうという手続きを考えると、私は給料の額が、自分の社会への貢献度を示しているのではないかと思います。社会により多くの付加価値を与えると給料が上がるみたいに考えると、自分の貢献度を測るのにわかりやすい指標ではないでしょうか。もちろん給料の額は様々なことが絡んで決定するので、そんなに簡単には割り切れないと思います。しかし社会への貢献度を可視化できるという意味では、昇給を目指しても良いと考えます。

お金を使うと時間を生み出せる

もしお金が潤沢にあれば、例えば夜行バスを使わないで新幹線のグリーン車を使うことができます。特に交通機関にありがちですが、お金を使うことで時間を買うことができる場合があります。基本的には時間でお金を生み出すことはできても、逆は難しいです。しかし交通機関の場合は、金額と時間が反比例することも多いです。東京から京都まで行くことを考えても、のぞみとこだまでは料金とかかる時間のトレードオフになっています。お金を使うことで、時間をかけないで移動することが可能です。また良い席に座ることで移動時間も効果的に使うことができます。

もっと卑近な例を挙げると、飛行機へ荷物を預ける時、重量制限などがあります。私はそれにひっかからないように小一時間戦ったのですが、お金があれば超過料金を払ってしまえばすむことです。まあ例があまりよくないかもしれませんが、お金があると時間を生み出すことができます。

時間があると、私たちは私たちにしかできないことをできるようになります。それは家族との団らんであったり、何かの講演だったり、趣味かもしれません。人によって違うと思いますが、私はたった1回の人生ですから、そういう活動に費やしたいと思っています。

 

私は出自が凄いわけでもないので、大金持ちにはなれそうにないですが、ちょっとの野心を持って社会に出られたらなと思います。