読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸襟を少しだけ開きたい

大学生が考えたことをつらつら書いていくブログ。本日の昼食から留学生活、勉強法から料理まで手広くカバー。

Enjoy thinking!

L'homme n'est qu'un roseau, le plus faible de la nature, mais c'est un roseau pensant.

「外資系」の領域の話

最近寒さも多少和らいできましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は「外資系企業」について書きたいと思います。といっても、選考の話ではありません。よく日系企業と比較する形で外資系企業という区分が用いられますが、いったいどの企業が外資系企業に相当するのかという話です。IT分野ではIBMマイクロソフト、コンサル業界ではマッキンゼーなどが外資系企業と呼ばれています。

さて、まず辞書的定義を調べてみましょう。以下ブリタニカ国際大百科事典の定義を引用します。

外資系企業
がいしけいきぎょう
foreign affiliate

日本に進出している外国資本と関係の深い次の4種の会社の総称。 (1) 外国法人。 (2) 外国人が資本金を全額出資して設立した純外資会社。 (3) 日本の法人または日本人が,外国法人または外国人と共同出資して設立した合弁会社外資系企業(がいしけいきぎょう)とは - コトバンク

定義を見る限り、会社を成り立たせる資本が外国由来のものかどうかということになります。外国法人や外国人の資本が入っている企業を外資系企業というらしいです。

この定義通りに企業を分類すると、上の例で挙げたマッキンゼー外資系企業になります。日本におけるマッキンゼーは、McKinsey & Companyの日本支社となります。では、一般に外資系企業と呼ばれている会計事務所源流のコンサルティング会社(DeloitteやPwCなど)を考えてみましょう。DeloitteやPwC合同会社という形態をとっています。そして経営は、日本の会社のパートナーが独自に行っています。この場合、外国の資本は特に会社を構成していないことになります。上記の定義に照らし合わせると、外資系企業に当てはまらないのです。もちろんこうした企業は世界中のメンバーファームと協働して業務をこなしていますが、定義としては外資系から外れます。

そう考えると、意外と外資系企業って少ないのかもしれません。私はコンサル業界くらいしか知りませんが、厳密に分類すると"なんちゃって外資"な企業もありそうです。別に外資系だから偉いとか日系は下だとかそういうことはまったくないのですが、調べてみるとイメージと違うこともあるものだと思いました。

 

グループディスカッション攻略法(3)

さて今回もGDの攻略法について書いていきます。細切れになってしまい申し訳ありません。前回前々回の記事はこちらを参照してください。

GD中の立ち振る舞い(cont.)

開始10分~30分くらいにすること

GDは議論の枠組み作りができれば結構スムースに進むと思います。決めた方向性で議論を進めていきましょう。

いわゆるクラッシャーへの対策

参加者がとんでもなく賢くて、議論がサクサク進めば何の問題もないのですが、そういうわけにもいきません。たまーに議論を崩壊させる参加者の方がいらっしゃるので、しっかり防衛策を練る必要があります。

例えば目立たないと切られる病に罹っている方は、とにかく意見を言いまくるという行動をとる可能性があります。また、精緻な議論をしないと切られる病の罹患者は、細かいところまで話そうとします。どちらも議論の上で重要なことなのですが、行き過ぎると議論が発散したり、逆に広がりがなくなったりしてしまいます。このような方々への対応は、協調性を示すチャンスだと思いましょう。

困っているからといって、その人と真っ向から対立するのは一般的に好まれません。対人能力の低さをさらけ出してしまうことにもつながります。ではどうすればいいのか。例えば意見を言いまくる人に対しては、

「確かにそういう見方もありますね! でも今は〇〇についての議論なので、この議論を深めていきませんか?」

「その考えはありませんでした。こちらに書いておきますね」

そんな感じで軽く流して議論の脱線を防ぎましょう。

意見を言わない人への対策

たまにGDなのにも関わらず、意見をまったく言わない人っているんですよね。こういう方を無視して議論を進めることもあまりお勧めしません。全員での合意形成が取れていないという評価を頂くことにもなりかねません。

こういった方に意見をおっしゃってもらうためには、こちらから何かを問いかけるのが有効です。ですが、議論中に黙ってしまう方へ「〇〇について△さんはどう思いますか」と言ったところで沈黙が流れるのが関の山です。

こういう時には尋ね方を工夫しましょう。例えば〇〇について議論している時に、

「〇〇は××と言う理由で他より優れていると思うのですが、△さんはどう思いますか」

のように、なるだけ質問をクローズに近づけることが重要です。もしくは、

「今までの議論で〇〇は××であることが分かってきたかなと思います。△さんもそうお考えですか」

のように、議論の要約をすることで質問に答えやすくなります。全員が議論に参加することは、特にファシリテーター役の責任になるため、意識しておいた方が良いかと思います。

適切に構造化を進めよう

まあここまでがイレギュラーへの対応なわけですが、現実的にボトルネックの特定とかをどのように進めるかという話が出てきます。この辺もGD対策の記事で多数書かれているので、ここでは軽く解説するに留めます。例えば売上向上策などでは、フェルミ推定の後ドライバーの特定ということになりますが、時間の限られたGDにおいてはある程度問題をシンプルに構造化することが重要です。定義や前提を共有しているため、そこから因果関係の整理や仮説形成を進めていきましょう。

打ち手の考察・効果の推定は何らかの軸で進めるとすっきり

ここまで来たら終わりが近いです。あとはどんな手を打つかということを議論すればおっけーです。構造化ががっちりしていれば、打ち手はサクッと出てきます。奇抜なアイデアが出るのに越したことはないですが、少なくとも私はそういうアイデア力に頼れないので、堅実にいくことをお勧めします。この時注意すべきなのは、打ち手の優先順位を何らかの軸をもって決定していくことです。これは初めに決めた目標などにもよりますが、基本的には時間とインパクト、コストなどを考慮していくと良いと思います。

例えば時間とインパクトを考えるとして、時間短×インパクト小の打ち手にまず着手し現状を少しでも改善するだとか、目標に応じて優先順位を変えましょう。

申し訳ありませんがもう一記事だけお付き合いください。

グループディスカッション攻略法(2)

需要があるのかわかりませんが、今回もオレ流GD攻略法を記事にしていきたいと思います。前回の記事はこちらを参照してください。

 

r-siesta823.hatenablog.com

 

さて前回はGD前に既に戦いは始まっている的なことを書きましたが、今回は議論中はどうしたらいいんだよという疑問に応えていければと思います。

GD中の立ち振る舞い

もう一度強調しておくことですが、GDの難しさの一つは、思考力や基礎知識が未知数の学生が初対面でいきなり議論をすることにあります。前回のGD前の立ち振る舞いも、基本的な意図としては、相手のことを良く知ることにありました。GDが開始された後も、基本的によくわからない人と議論することを前提に立ち振る舞いを考えていく必要があります。大体45分くらいのGDを想定して、考えていきましょう。なおGDには課題解決型や何か一つのことについて議論を深めるものなどありますが、ここでは課題解決系のGDを想定します。

開始5~10分くらいにすること

GD開始時のやることはそんなに複雑ではありません。議論全体の方向性を定めて時間配分を確認。求められているゴールと言葉の定義などを皆で共有していくことが重要です。

役割分担は緩やかに。ただしタイムキーパーくらいは決めるのも良いかもね

まずは役割分担というのはあまりおすすめしません。なぜかというと、ファシリテーターやる人が上手くひっぱれないとGDが崩壊するからです。いつものゼミとかなら、気心知れた人たちでの議論になるため、大体誰がリーダーに向いているか分かると思います。しかしGDでは、頼りになる情報はその人の自己申告のみになります。目立たないと切られる病の罹患者は、まず司会なりリーダーなりに立候補したがるので、明確に役割分担をしてしまうのはややリスキーだと思います。あくまで緩やかに役割分担をしておいて、臨機応変に対応できるようにしておいた方が安全です。

また、よくも悪くもリーダーで議論の質が変わるため、自分がリーダーになってしまうのは大いにありな戦略です。なにせGD参加者の中で自分の力量だけは誰よりも知っていますし。この場合も立候補して明確に決めるというよりは、始めの口火を切るだけで大丈夫です。一言目を発するだけで大体議論の主導権を握れます。私も8割方のGDでファシリテーター役を担当していました。

でも主に時間を確認する役割の人は決めてしまうのも良いと思います。時間内に議論がまとまらないことだけは避けたいので、時間を意識する人はいた方が良いです。私は腕時計を机の真ん中において、皆で確認できるようにしていました。

某有名日系企業のGDでは、時間配分と議論の収束具合についての指摘を受けたので、タイムキーパーの有無に関わらず時間意識をしっかりもちましょう。

前提を整理し定義を共有、議論の方向性を定めよう

この辺は様々なGD対策で言われていることですが、一応説明しておきます。議論の初期段階では、皆の認識のすり合わせと議論の枠組み作りをしましょう。具体例を挙げて考えてみましょう。某外資系企業で「女性の社会進出を促進させる方法」についてのGDがありました。この時私が曖昧だと感じた点は、

  • そもそも社会進出とは何か、何を以て計測するのか
  • 社会進出を促進する意味は何?ゴールはどこ?
  • 地域はどこか(国はどこか・都市部か地方かなど)
  • 対象は誰か(ビジネスパーソン?主婦?それとも高齢者?)
  • 実施主体はどこか(政府?企業?NPONGO?)
  • タイムスパンはどの程度か(短期的手法?長期的手法?)

まあパッとこれくらいは思いつきました。こういうことが曖昧なまま議論していると、どうしても議論のまとまりがなくなってしまいます。例えばある人は政府の政策を前提に意見を言っていたのに、別の人は企業の女性への支援策について考えているなんてことが容易に起こり得ます。またゴール設定とタイムスパンも事前に共有しておかないと、いつまでにどれだけの成果が出せるのか定量的な評価が難しくなります。議題によって曖昧な点は異なりますが、初対面の学生同士が同じ認識でいることはほとんどあり得ないため、必ず行っておくことを強くお勧めします。

このように議論の前提をすり合わせることによって、おおよそ議論の方向性も定まります。大体の枠組みとしては、現状分析→問題の構造化とボトルネックの推定→打ち手考察→打ち手の効果の推定→まとめという順序で議論が進んでいくと思われます。現状分析の部分で認識のすり合わせが必要です。開始5~10分くらいで枠組みの打ち出しまで終わらせると比較的好スタートを切れていると思います。

字数も多くなってきたので、続きはまた次回に回します。大体1200~1500文字をひとつの目安としているのですが、読み手からするとどう感じられるのでしょうか。

 

本の感想『教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化』

こんにちは。今回は『教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化』という本の感想を書きたいと思います。

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)

教養主義の没落―変わりゆくエリート学生文化 (中公新書)

 

 大学進学率が50%を超えるようになり、大学自体も出口保証に力を入れる時代となりました。これは大学が大衆化し、大卒に特別の意味がなくなったことを意味します。こうした現代を生きる大学生の端くれとして、大学がいわゆるエリートの通う場所であった頃のことを知りたいと思い読んでみました。

まず教養主義がいかにして盛り上がり、そして衰退していったのかがマルクス主義も絡めて記述されています。古典を読み深めていく大正教養主義からマルクス主義の台頭。そしてそれへの弾圧から生まれた昭和教養主義という流れ。第二次世界大戦後に教養主義マルクス主義と接近する形で蘇り、大学の大衆化によって衰退したということが、様々な事例は人物の紹介によって解説されています。

実際私は現代の大学しか知らないですし、旧制一高だとか東京帝國大学だとかは国語の便覧や歴史の教科書でしか見たことがありません。しかし現代の大学を見るに、大卒の資格を取るために大学へ通う方々に漠然とした疑問を抱いているのも事実です。やはり大学は主たる目的として学問の追究があるのではないかと内心思っているのかもしれません。そういう意味で、教養主義というアイデアは理想的に映ります。しかし時代の変遷によって大学の社会的役割も変化しています。大衆化が進んだことによって、社会への多様な人材輩出の責任を負うようになったと考えています。

近年は人文科学系の学部を縮小させるなど、いわゆる実学に注力するような政策が採られています。こうした流れは古典を読むなどの活動と真っ向から対立しているようにも映ります。しかし、私は自然科学や社会科学を学んでいる身ですが、学んだことが直接役立つとは到底思えません。前にどこかで言及したかもしれませんが、私は大学レベルの学問を追究する学業以外での効果を、挫けない心や先人の教えを学ぶ謙虚さ、成り立っている論理をくみ取る力などを磨けることだと思っています。だからこそ何を学んでも良いと思いますし、役に立たないということだけで人文科学を否定するのはどうかと思います。

やや話が脱線しましたが、当時の大学生の意識や行動を知るには良い本だと思います。特に歴史や文化史など詳しくない私でも読めたので、そこまで難解でもありません。おすすめです。

本の感想『筋トレは最強のソリューションである』

 久々の更新となってしまいました。今回は『筋トレは最強のソリューションである』という本の感想を書きたいと思います。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

 

 Twitterなどでも一時期話題になったので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。内容は題名の通りで、悩みのほぼすべては筋トレで解決できるというものです。中々ぶっ飛んだこと書いてあると思うかもしれませんが、自己啓発本の中では非常に具体性のある良い本だと感じました。

その理由は、解決策がすべて筋トレにいきつくからです。自己啓発本にありがちなのが、「こう考える」とか「このように捉える」みたいな観念論を書いてあるタイプ。有名な『人を動かす』などもそういう方向のような気がします(あの本が自己啓発本かどうかは議論があるかもしれませんが)。それとは対照的に、この本はダンベルを持ちあげるだとか、ジムに足を運ぶだとか、私たちがすべきことが非常に具体的で可視化しやすいです。私たちが実践しやすいという意味で、この本は優れていると言えるでしょう。

肝心の筋トレ効果について。これはあくまで実感値になりますが、ジムで身体動かして、栄養価気にしながら食事を作り、プロテイン飲んで寝るという生活を実践することで、確かに悩みが減る気がします。今日も怠惰な自分に勝ったという達成感と疲労による睡眠の質の向上によって、精神衛生が改善するのがその理由かもしれません。私は生物系でないので詳しくないのですが、この本によれば、筋トレでテストステロンが生じることで自信がつくみたいですね。

まあ一つ言えることは、うざい奴でも一発ぶんなぐれば勝てるという自信は、生きるのに大変有利に働くと思います。

春休みに入り、私も定期的にジムに行ってます。皆さんも興味を持たれたら、是非トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

もうすぐ立春だというのに

まだまだとっても寒いですね。この記事も布団にくるまりながらスマホで書いてます。と書いておいて気付いたのですが、基本的に記事は予約投稿しているのでした。

最近知ったのですが、毛布って敷き布団の上・身体の下で使うものみたいです。布団の上からかけるもんだとばかり思っていました。私は寒がりなので、毛布2枚使って暖かくして寝ています。

最近あまり話題になりませんが、地球温暖化ってどうなったんでしょうか。地味に冬の寒さ無くなるんじゃないかと、ほんの少しだけ期待していたのですが、そんなことはなかったです。むしろ春や秋が消滅した感さえあります。長袖シャツに薄手のジャケットで過ごせる期間がここ数年でとても短くなったように思います。

さて、あまり寒いと困るのが服装です。まあ私服はセーター着るなど調節できるのですが、スーツだとそうはいきません。リクルートスーツを着る就活生は暑すぎても寒すぎても困るわけです。

そして私は夏用のリクルートスーツしか持っていません。ペラペラのジャケットとスラックスで丸の内やら有楽町やらを闊歩してる人がいればそれは私だと思います。

冬スーツを買おうとも考えたのですが、ピンポイントでこの時期しか使わないスーツを買うのもバカらしく思えたのでやめました。まあさすがに寒いので、最近は申し訳程度にコートを着ています。が、そこまで体感気温が変化するわけでもありません。

先日の大寒波襲来の時、私は面接がありました。そして思案した結果、ユニクロヒートテックを二枚重ねする荒技に出ました。これがそこそこ暖かく、意外と何とかなりました。皆さんも寒すぎる時はしてみてもいいかもしれません。

 

早く暖かくなれと願いつつ日々を過ごしています。

どんな1年だった?

今年ももう終わりですね。皆さまどうお過ごしでしょうか。ざっくり今年の振り返りでもしようかなと思います。

1〜5月: 交換留学

このブログでも何回か言及していますが、私はあまり留学に行きたい外向き人間ではありません。1〜5月はspring semesterでしたが、正直辛い記憶の方が強いです。しかしとっても"有意義"たったので、留学自体はお勧めします。

まあそれなりに講義受けてインターンしてという生活が続いたので、そんなに印象深いことはないのですが、割とこの時感じたことは今の考え方に影響を与えています。英語は必ずしもコミュニケーションツールではないという話とか。成果としてはstraight A'sを取れたこととインターンでボスの信頼勝ち取れたことくらいでしょうか。

思えば今年の40%くらいはアメリカにいたのですが、正直帰国後の印象が強すぎてあまり覚えてないですね。

6〜7月: 官庁訪問準備

帰国して開始したのが官庁訪問準備。これまで行けてなかった説明会に参加しつつ志望動機固めていく生活を送りました。説明会のはしごもありつつ、バタバタした日々を送っていました。ここで一緒に官庁訪問した方と会いまして、物凄く意気投合しました。忙しかったですが、3人で割と楽しく挑めたかなという印象です。

特にびっくりドンキールノアールにはお世話になりました。びっくりドンキーはハンバーグもデザートも美味いし店員さんのサービスも良いしお勧めですよ。

8月: 官庁訪問

さて8月は忘れもしない、官庁訪問でした。結局敗北したのですが、まーあ良い経験させて頂きました。この間のセミナーで、切られるという結果が分かっていてももう一度官庁訪問するかという厳しい質問を頂きましたが、自信を持ってyesと答えられます。思えば官庁訪問の話をまったく記事にできていないですね。鋭意執筆中でございます。申し訳ありません。

9月: 就活開始

なんだかんだで進路が消滅したので、就活を開始しました。9月は外資系企業のインターンに応募しまくりながら、自身のやりたいことを考え始めました。そして、あるベンチャー企業と出会うことになります。

10月: 就活しつつベンチャーインターン

9月に1通のメールから始まり、色々とあってベンチャー企業で1ヶ月間インターンをすることになりました。私はここで非常に様々なことを学ぶことができました。学生から社会人に変わることの意味や、成長を加速させる方法など多くの心構えやスキルを勉強しました。またどこかで記事にしたいと思います。

またこの時期が一番タフな生活でした。1週間に選考や面接が8回あることもあり、トリプルヘッダーも経験しました。バタバタしていましたが、その分学ぶことや成長するチャンスも多かったように思います。

11月〜12月: 就活ひと段落

ここまでに数多くの企業を覗いた結果、大体自分のやりたいことなどが見えてきました。いくつかの本選考も受け始めました。そして、ある外資系企業から内定を頂くこともできました。ここの企業はかなり志望度高めなので、ここから受けるとしても、2社に絞ることができます。実質就活が終わったようなものです。この年末年始で、どの企業にするのか真剣に迷っていきたいと思ってます。また来年も官庁訪問に行くことができるため、その点も考えていかないとと思ってます。

 

ここまでお読み頂きありがとうございました。また宜しければ、来年もお付き合い頂けると嬉しいです。