2019年のアクチュアリー試験の話

現在時計は1時53分を指しておりますので、みなさんこんばんは。

今回はアクチュアリー試験の話を書きたいと思います。

アクチュアリーとは

とても地味な資格なので知る人ぞ知る類の資格です。下にHPを貼っておきます。

www.actuaries.jp

日本アクチュアリー会によれば、

アクチュアリーは数理業務のプロフェッショナル

だそうです。主に保険会社や年金運用会社、監査法人等に勤める数理計算やリスク分析等の専門家という感じですかね。私の会社にも複数のアクチュアリーがいます。試験難易度はかなり高めで、1次試験と2次試験があります。1次試験はマークシートで、数学とそれに近い科目4科目と会計・経済・投資理論(KKTと呼ばれています)の5科目で構成され、2次試験は生保、損保、年金のうち1つを選択し、より実務的な内容を記述式で問われます。詳しくは上記HPを見てみてください。

受験したきっかけ

特段資格マニアではないのと、趣味で目指すには難易度が高すぎるので、受けるにあたって色々考えました。結論リスク評価の専門性を身に着けるために受けることにしましたが、なにせ仕事が死ぬほど忙しいので勉強する時間がなかなか確保できず、そこに関しては上手いことやる必要がありました。

この試験は税理士試験と同様科目合格制なので、毎年数科目ずつ受けることができます。2019年は数学とKKTを受ける予定だったのですが、、数学は勉強が間に合わなかったのでKKTだけ受けました。

結果

2月14日が合格発表でしたが、KKTは合格できました。1科目でも受かるとアクチュアリー研究会員だったかを名乗れるので、今日から私もアクチュアリーの卵になれました。今年は数学、生保数理、年金数理の3科目に挑めればと考えております。先輩アクチュアリーによれば3科目受験は人間やめるレベルらしいので、解脱して仏にでもなろうかと思います。現在英会話もやっており、繁忙期も迫っているのでどうしようかなあ。はっはっは。

さて、KKTの勉強法の記事も書こうかと一瞬思ったのですが、会計士試験を突破しておりやや周りの受験生に比べ地力に違いがありすぎるので、まあ需要があればにしたいと思います。このブログも国家総合職経済区分→公認会計士試験→アクチュアリー試験と難関資格に挑む様相を呈しておりますが、時間に余裕があれば通常の記事も投稿していきたいですね。

では本日はこのくらいにしておきたいと思います。おやすみなさい。

50円払ってコーヒーを買った話

ご無沙汰しております。寒くなって死にそうないっちーです。

今回もどうでもいい話をしていきたいと思います。

"高い"コーヒーを買った話

無人島に何を持っていくかと質問されたらコーヒーと答えるくらいにはカフェイン中毒な私。業務中もガンガン飲んでいます。エナジードリンクは甘ったるいのが好きではないので、専らブラックの缶コーヒーを飲んでいます。

私は苦い系が好きなので、このコーヒーが市販品で一番好きです。

 家ではキーコーヒーを飲んでいます。

クライアントに行くときは箱買いした缶を持っていくのですが、オフィスで働くときは持っていきません。なぜなら、タダでコーヒーが飲める自販機が置いてあるからです。小市民いっちーは無料にとても弱いので、オフィスではタダのコーヒーを死ぬほど飲んでいます。

で、この自販機なんですが、無料のコーヒー以外に50円入れると買えるコーヒーも置いてあるんですね。

よく考えてほしいのですが、無料のコーヒーの下に50円入れないと買えないコーヒーがあるわけです。誰が買うのか。無料はボタン一つで買えるのに、50円のコーヒーは50円入れないと買えないのです。誰が買うのか。私は2年間ずっとこの自販機に疑問を抱いていました。

話はいきなり堅苦しくなりますが、私たちが財を買うとき、私たちは財に対して価格以上の評価をしています。もし仮につけられた値札より価値が低ければ、その財を買うという意思決定はしないです。つまり私たちが50円払ってコーヒーを買うとき、私たちは当該コーヒーに50円以上の価値を見出しているということになります。

しかし話は簡単ではありません。今回は比較対象がいます。そう、無料のコーヒーです。この存在が50円のコーヒーの消費量を減らしてしまうのです。経済学的には無料のコーヒーを代替財と呼びます。無料のコーヒーはどれだけ飲んでも無料であるため、50円のコーヒーに何かしら特別な意味を見出さなければ買うことはないわけです。

ではなぜ自販機はこうした形で商品を提供しているのでしょうか。50円のコーヒーを飲む人はどんな奴なのか。私、気になります!

f:id:r-siesta823:20200131235624j:plain

さて、気になって仕方なかった私に、ついに購入するチャンスが生まれます。私の財布に50円玉以外の小銭がなくなったのです。

昨今のキャッシュレス社会において、御多分にもれず私も現金、特に小銭を持たなくなりました。紙幣数枚、Apple PayでQuick PayとiD、VISAとJCBPASMOを持っているため、現金onlyのお店以外では何かしらの決済手段で支払っています。

50円玉は、現金onlyのお店で950円のランチを食べたので現れました。キャッシュレスを実践している人は共感していただけると思うのですが、小銭は何とか消費したくなります。そこで私は思い出しました。あのコーヒー買えば使えるではないか。

私の頭の中では、無料コーヒーの効用<50円コーヒーへの関心+小銭なくせる嬉しさという式が成り立ち、ついに購入することとなりました。

いつもはボタンを押すだけの自販機に小銭を入れます。いつもは光らないランプがつき、購入可能であることを示しています。押して紙コップが落ちてきて抽出が始まり、そして完成しました。

無料のコーヒーと違うところ

まず色が違います。澄んだ黒色が美しいです。無料のコーヒーは泥みたいな色合いなので、これは無料ではないんだ、という主張が伝わってきます。

そして味も違います。これはコーヒーの味がします。無料のコーヒーの味は「何に一番近いかというと答えはコーヒーとなる何か」なので、厳密に言うとコーヒーではない液体です。

何より私は無料ではなく有料のコーヒーを飲んでいるという贅沢な気持ちは半端ないです。たった50円で味わえる幸福感としては最大に近いのではないでしょうか。

気になったらやってみよう

というわけで50円のコーヒーを買った話でした。ちょっと気になっていて、その気になれば確かめられる、そういった類のものは積極的にやってみることをお勧めします。私もたった50円ですが、何か色々と気づきを得られた気がします。こうしたことまで考えて50円のコーヒーを置いているのであれば、某飲料メーカーのマーケティングは半端ないですね。みんなも有料コーヒー飲んでみよう。

2020年度国総経済区分向け勉強会のご紹介

皆さまこんにちは。

久々に国家総合職について書きたいと思います。私の先輩が面白い企画を立ち上げているのでそのご紹介です。併せて下記記事についても今年バージョンに更新しました。

対策会の詳細は以下の通りです。

taithon.hatenablog.com

この対策会なのですが、お勧めできる理由が3点あります。

まず1点目に、本気の受験仲間が作れるということです。この対策会、選抜試験があります。大手の予備校のように、お金を払えば受講できるわけではありません。国家総合職は官庁訪問まで含めると長いプロセスです。特に官庁訪問心身ともに限界まで追い込まれます。その中で、真剣に勉強した友人がいることが心の支えとなってくれます。対策会に参加することで、こうした頼りになる戦友を作ることができるでしょう。

2点目に、受講代金が非常に安価だということです。以下引用です。

日本の官僚の試験対策が現在大手予備校等では非常に高価格帯に設定されていることを考慮し、運営側の費用を抑えたうえで将来を担う官僚の選抜試験に一石を投じたいと考えています。

とある通り、非常に安価な価格設定となっています。私が独学で挑んだ理由のひとつに予備校代が高すぎたということがあります。国を良くしたいと思っても、その入り口に立つことすらできないのが現状です。しかしこの対策会では、大手予備校と比較して非常に安い金額で国家総合職に挑戦できます。

3点目に、講師自身が国家総合職経済区分で一桁合格の実績を残しているということです。大手予備校に、実際に試験を受けてここまでの実績を出している方がいるでしょうか。独特の官庁訪問を身をもって体験した方も多くはないでしょう。こうした生の経験を伝えられる方が実際に指導してくれるというのは非常に力強いです。

仮に私が受験生だったころにこのような対策会があったら確実に参加していました。選抜試験まであまり日数はありませんが、今年度に国総経済職に本気で受かりたいと考えている方は参加をご検討してみてはいかがでしょうか。

 

H30年公認会計士試験答案開示結果(経営学)

こんにちは。今回は会計士論文式試験経営学について、開示結果を分析していきたいと思います。

全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

経営学の素点等について

まずは開示結果についてまとめます。

第一問(理論)

素点:34/50

得点比率:31.1

偏差値:62.2

第二問(計算)

素点:36/50

得点比率:29.1

偏差値:58.2

合計

素点:70/100

得点比率=偏差値:60.20

まあこんなものかといったところですかね。正直疲労で頭が限界に達していたので、普段通りの力は出せませんでした。次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問(理論)

f:id:r-siesta823:20190407142332j:plain

f:id:r-siesta823:20190407142336j:plain

記述以外の正解数:5/8

まず私の疲労度が如実に出ているのが、階層の数の問題を間違えているところですね笑。これを落としている受験生はそんなにいないと思います。経営学は空欄一つで偏差値が3程度変わると言われているので、受験生の皆さんはこんな非常にシンプルな問題を間違えないように気を付けてください。

記述欄に関しては作文大会なわけですが、問題1,2ともにそれほど外した解答ではないかなと思います。もちろん「慣性」「連結ピン」等のキーワードが入っていなかったりはするのですが、そこそこ点が来ているのではないかと予想します。

素点が34点なので、キーワードで5か所×3点で15点、記述で19点程度きている感じかと思われます。

第二問(計算)

f:id:r-siesta823:20190407143011j:plain

f:id:r-siesta823:20190407143015j:plain

正答数:18/25

ここもリアルオプションやNPV辺りを落としているところに疲労の色が見受けられます。特に言及するところはありませんが、試験終盤になると普段通りの実力を発揮するのが難しいなと思いました。

経営学まとめ

全体の偏差値は60.20と60を超えていますが、答練や模試の成績を考えると65程度取れていてもおかしくはなかったので、やや想定外だと感じました。日頃取れるようなところを落としていたり、キーワードを抜かしていたりしていたので、その辺り詰められたらもう少し取れたかなと思います。

また最後の科目ということで疲労が限界に達しており、まったく集中ができなかったので、受験生におかれましてはその要素も加味した上で戦略を立てていくと良いかと思います。以上ですべての科目の振り返りが終了しました。何かコメントや質問等ございましたら、Twitterかブログのコメント欄等でご連絡頂ければと思います。

H30年公認会計士試験答案開示結果(租税法)

こんにちは。今回は会計士論文式試験の租税法について、開示結果を分析していきたいと思います。

全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

租税法の素点等について

まずは開示結果についてまとめます。

第一問(理論)

素点:27/40

得点比率:26.2

偏差値:65.5

第二問(計算)

素点:31/60

得点比率:38

偏差値:63.33

合計

素点:58/100

得点比率=偏差値:64.20

第一問の理論で相当稼いだ結果、偏差値も随分と高く出た形になりました。私は学習期間も短く租税法をそれほどがっちり勉強したわけではないのですが、所属予備校のテキストが素晴らしかったことが原因かと思われます。次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問(理論)

f:id:r-siesta823:20190407134951j:plain

f:id:r-siesta823:20190407134958j:plain

○×の正誤:5/5

第一問は理論問題ですが、結論部分と根拠部分、参照条文に配点があると予想されます。問題1については、問1,2は完答、問3は×、問4は結論は合っているといった具合でしょうか。問3の指示が意味不明だった受験生は私だけではないはずです。

問題2については、○×はすべて正解しています。記述については、1は完答、2は×、3,4,5は半答といったところでしょうか。とりあえず○×を一致させているので、ここで5点は稼げていると予想できます。

素点が27点なので、問題1の問1,2で10点、問4で2点、問題2の○×で5点、問1記述で3点、残りで7点くらいの得点だったと予想されます。

第二問(計算)

解答用紙が多いので法人・所得・消費に分類したいと思います。

法人税

f:id:r-siesta823:20190407135839j:plain
f:id:r-siesta823:20190407135845j:plain

f:id:r-siesta823:20190407135904j:plain

法人税の正答数:19/29

所得税

f:id:r-siesta823:20190407140324j:plain

所得税の正答数:11/15

消費税

f:id:r-siesta823:20190407140450j:plain

f:id:r-siesta823:20190407140455j:plain

消費税の正答数:1/16

とりあえず消費税法の問題作った試験委員はどうかしてる。
問題数が全体的に多いことから、例年以上に拾うべき問題を確実に正答することが求められたのではないかと思います。特に消費税法が難問すぎたので、こういう時こそ法人税法租税公課などを落とすと洒落にならないことになると感じました。答案ご覧になってもお分かり頂けるかと思いますが、私は消費税法をサクッと捨てて法人税法の見直しに時間を費やすことを選択しました。その結果、法人税法でそこそこ点を稼ぐことができたのが偏差値の向上につながったと思います。

例年所得と消費のどちらかは難問になると言われていましたが、まさか貸倒等の部分に配点がないとは思いませんでした。まあこのようなケースもあるので、必要以上に焦らず解答することができれば計算全体ではコケずに済むのではないかと思います。

租税法まとめ

全体の偏差値は64.2ということで、割と高い成績を取ることができました。理論をしっかり固めることで、全体の底上げが図れることがお分かりになるかと思います。また計算も消費税1点でも60超えることが可能だということも明らかになりました。理論をある程度高い精度で正答し、計算は拾えるところを拾うという姿勢で高い成績を取ることができるのではないでしょうか。5月短答生も理論を固めることである程度安定した成績を取ることができるので、個人的にはお勧めです。今回は以上となります。

H30年公認会計士試験答案開示結果(企業法)

こんにちは。今回は会計士論文式試験の企業法について、開示結果を分析していきたいと思います。

 全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

 

企業法の素点等について

まずは開示成績についてまとめます。

第一問

素点:19/50

得点比率:21.6

偏差値:43.2

第二問

素点:36.5/50

得点比率:29.25

偏差値:58.5

合計

素点:55.5/100

得点比率=偏差値:50.85

ご覧の通り、第一問が大変な成績になっております。偏差値43.2とか足切りも見えてますね。第二問で息を吹き返しましたが、なかなか厳しい戦いとなりました。では、次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問

f:id:r-siesta823:20190407131659j:plain

予備校解答と見比べて思うのですが、企業法の見直しってどうやればいいんですかね。とりあえず問題1については検査役の話と趣旨は記述の跡が見られるので、その辺りに点数がきている気配がします。

問題2については完全に論ズレお通夜状態ですね。見直せば見直すほど、こいつバカじゃねえのと過去の自分を嘲笑したくなります。予備校解答では仮装払込について書いているのに、私の解答は利益相反ですから、ここは点数がもらえていない感じでしょうか。

素点が19点なので、そのほぼすべてを問題1で稼いで問題2は最後の方の記述で2点くらいもらえているのでしょうか。それにしても本当に企業法を勉強したのかわからないレベルの解答ですね。

第二問

f:id:r-siesta823:20190407131702j:plain

第二問は試験後に論点について盛り上がりましたね。差止なのか無効なのか、予備校の先生も含めてわいわいしていた記憶があります。

問題1については、法令違反とまで言い切ってはいませんが、外した解答は作っていないかなと思います。反対株主に該当しないなどの記述は点数がこないと思って切りましたが、書いておいた方が良かったみたいですね。

問題2については、私は差止と無効を双方検討→効力発生後のため差止できない→無効の訴えみたいな構成で書きました。これも大筋では間違ってはいなさそうです。

素点が36.5点なので(0.5点はなんなのでしょうね)、どちらも7割程度の点数がきていると予想します。

企業法まとめ

全体の偏差値は50.85でしたが、これはできない時の答練の成績くらいだったので、一応想定内に収まっています。監査論と企業法は毎回どちらかがコケるので、本試験時もどちらかコケるだろうなと予想していました。案の定企業法でやらかしましたが、これが上手くいっていれば二桁合格も視野だったので、そこだけが残念です。

まあこのように中問1つ吹き飛んだポンコツ答案でも何とか52近くまでは持っていけるので、企業法が苦手な受験生も守ることは全然できると感じでくだされば幸いです。今回は以上となります。

H30年公認会計士試験答案開示結果(監査論)

こんにちは。今回は会計士論文式試験の監査論について、開示結果を分析していきたいと思います。

 全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

監査論の素点等について

まずは開示成績についてまとめます。

第一問

素点:18/50

得点比率:27.75

偏差値:55.5

第二問

素点:22/50

得点比率:32.8

偏差値:65.6

合計

素点:40/100

得点比率=偏差値:60.55

第一問の素点がやや低いですが、理論問題はあまり得意ではないので想定範囲といった感じです。第二問の素点に対する得点比率がかなり高く感じたので、事例系の問題はあまり解けていないのではと思います。次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問

開示答案はこちらになります。

f:id:r-siesta823:20190407122618j:plain

f:id:r-siesta823:20190407122958j:plain

とりあえず感想としては、問題数と記述量が多かったなという感じです。監基報を引用すればそれなりに骨格が作れそうな問題っぽいのですが、それを引く時間がないという意味で、その場での判断が重要な気がしました。予備校の解答と比較すると、問題1は二重責任の原則と経営者が注記を検討する義務があること辺りに点が来ている気がします。問題2に関しては、方向性は合っているものの、有効性についての記述が甘いかと思いました。

問題3は完全に外してますね。ここはゼロないし1点くらいしかもらえていないでしょう。一方で問題4はそこそこ的を得た解答ができています。問題5は当時よくわからなかったので適当に作文した記憶があります。案の定ズレた解答になっていますね。

総じて時間がなくて、文章をこねこねした感じになりました。基本的に事例問題の方が得意な傾向にあったので、それほどここに時間を投入していないことも原因として挙げられます。

素点が18点なので、問題4でそこそこ稼いだものの、問題3と5はほぼ0点、それ以外で半分弱くらいの点数くらいではないかと予想します。このレベルでも科目合格程度の得点比率が取れているので、やはり母集団のレベルはそれほど高くはないと想定できますね。

第二問

開示答案はこちらになります。

f:id:r-siesta823:20190407122617j:plain

f:id:r-siesta823:20190407122624j:plain

第二問は事例形式の問題で、不正と棚卸立会辺りが問われています。問題1は不正の定義と不正対応手続を解答しましたが、予備校解答では不正の兆候を識別した場合のみが書かれていますね。無駄に字数を重ねた気がしますが、大筋ではズレた解答をしてないように思えます。問題2については、答案作成時に行数が多くて何書いたらいいか分からないなあと思った記憶があります。予備校解答はきれいにまとまっていますが、これも大筋では外していないので、そこそこ点が来ているのではないでしょうか。

問題3に関しては、伝達の項について大きな勘違いをしていますね笑。まあ振り返れば経営者と監査役への伝達だとは思うのですが、受験時はそれほど頭回りませんでした。重要性もウソは書かないで置きにいった解答となってます。未発見の虚偽表示についても他の勘定科目への不正についての言及が足りませんね。問題4は重要性の判断のところは記述が甘いですが、是正措置の部分はそこそこ書けてますね。

素点が22点なので、問題1,2,4はそれなりに点がきていて問題3はあまり点がきていない感じでしょうか。反面得点比率はまあま高いので、事例が苦手な受験生が多かったか第一問で時間をかけすぎてしまった方が多かったと予想できます。

監査論まとめ

全体の偏差値は60.55で、答練や模試の成績と比較してもこんなものかなといった感じです。監査論と企業法はボラティリティが大きい科目だったので、上手くいった時の偏差値がこれくらいでした。それにしても素点40点でも60を超えてくるのは驚きです。よく予備校の先生が母集団のレベルが高くないとおっしゃっていましたが、それはその通りだと感じました。この精度でも余裕で科目合格を超えた成績が取れるので、参考にして頂けると嬉しいです。今回は以上となります。