いっちーの感じたこと。時々勉強法とか。

例えるなら具材たっぷりの鍋料理。

H30年公認会計士試験答案開示結果(経営学)

こんにちは。今回は会計士論文式試験経営学について、開示結果を分析していきたいと思います。

全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

経営学の素点等について

まずは開示結果についてまとめます。

第一問(理論)

素点:34/50

得点比率:31.1

偏差値:62.2

第二問(計算)

素点:36/50

得点比率:29.1

偏差値:58.2

合計

素点:70/100

得点比率=偏差値:60.20

まあこんなものかといったところですかね。正直疲労で頭が限界に達していたので、普段通りの力は出せませんでした。次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問(理論)

f:id:r-siesta823:20190407142332j:plain

f:id:r-siesta823:20190407142336j:plain

記述以外の正解数:5/8

まず私の疲労度が如実に出ているのが、階層の数の問題を間違えているところですね笑。これを落としている受験生はそんなにいないと思います。経営学は空欄一つで偏差値が3程度変わると言われているので、受験生の皆さんはこんな非常にシンプルな問題を間違えないように気を付けてください。

記述欄に関しては作文大会なわけですが、問題1,2ともにそれほど外した解答ではないかなと思います。もちろん「慣性」「連結ピン」等のキーワードが入っていなかったりはするのですが、そこそこ点が来ているのではないかと予想します。

素点が34点なので、キーワードで5か所×3点で15点、記述で19点程度きている感じかと思われます。

第二問(計算)

f:id:r-siesta823:20190407143011j:plain

f:id:r-siesta823:20190407143015j:plain

正答数:18/25

ここもリアルオプションやNPV辺りを落としているところに疲労の色が見受けられます。特に言及するところはありませんが、試験終盤になると普段通りの実力を発揮するのが難しいなと思いました。

経営学まとめ

全体の偏差値は60.20と60を超えていますが、答練や模試の成績を考えると65程度取れていてもおかしくはなかったので、やや想定外だと感じました。日頃取れるようなところを落としていたり、キーワードを抜かしていたりしていたので、その辺り詰められたらもう少し取れたかなと思います。

また最後の科目ということで疲労が限界に達しており、まったく集中ができなかったので、受験生におかれましてはその要素も加味した上で戦略を立てていくと良いかと思います。以上ですべての科目の振り返りが終了しました。何かコメントや質問等ございましたら、Twitterかブログのコメント欄等でご連絡頂ければと思います。

H30年公認会計士試験答案開示結果(租税法)

こんにちは。今回は会計士論文式試験の租税法について、開示結果を分析していきたいと思います。

全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

租税法の素点等について

まずは開示結果についてまとめます。

第一問(理論)

素点:27/40

得点比率:26.2

偏差値:65.5

第二問(計算)

素点:31/60

得点比率:38

偏差値:63.33

合計

素点:58/100

得点比率=偏差値:64.20

第一問の理論で相当稼いだ結果、偏差値も随分と高く出た形になりました。私は学習期間も短く租税法をそれほどがっちり勉強したわけではないのですが、所属予備校のテキストが素晴らしかったことが原因かと思われます。次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問(理論)

f:id:r-siesta823:20190407134951j:plain

f:id:r-siesta823:20190407134958j:plain

○×の正誤:5/5

第一問は理論問題ですが、結論部分と根拠部分、参照条文に配点があると予想されます。問題1については、問1,2は完答、問3は×、問4は結論は合っているといった具合でしょうか。問3の指示が意味不明だった受験生は私だけではないはずです。

問題2については、○×はすべて正解しています。記述については、1は完答、2は×、3,4,5は半答といったところでしょうか。とりあえず○×を一致させているので、ここで5点は稼げていると予想できます。

素点が27点なので、問題1の問1,2で10点、問4で2点、問題2の○×で5点、問1記述で3点、残りで7点くらいの得点だったと予想されます。

第二問(計算)

解答用紙が多いので法人・所得・消費に分類したいと思います。

法人税

f:id:r-siesta823:20190407135839j:plain
f:id:r-siesta823:20190407135845j:plain

f:id:r-siesta823:20190407135904j:plain

法人税の正答数:19/29

所得税

f:id:r-siesta823:20190407140324j:plain

所得税の正答数:11/15

消費税

f:id:r-siesta823:20190407140450j:plain

f:id:r-siesta823:20190407140455j:plain

消費税の正答数:1/16

とりあえず消費税法の問題作った試験委員はどうかしてる。
問題数が全体的に多いことから、例年以上に拾うべき問題を確実に正答することが求められたのではないかと思います。特に消費税法が難問すぎたので、こういう時こそ法人税法租税公課などを落とすと洒落にならないことになると感じました。答案ご覧になってもお分かり頂けるかと思いますが、私は消費税法をサクッと捨てて法人税法の見直しに時間を費やすことを選択しました。その結果、法人税法でそこそこ点を稼ぐことができたのが偏差値の向上につながったと思います。

例年所得と消費のどちらかは難問になると言われていましたが、まさか貸倒等の部分に配点がないとは思いませんでした。まあこのようなケースもあるので、必要以上に焦らず解答することができれば計算全体ではコケずに済むのではないかと思います。

租税法まとめ

全体の偏差値は64.2ということで、割と高い成績を取ることができました。理論をしっかり固めることで、全体の底上げが図れることがお分かりになるかと思います。また計算も消費税1点でも60超えることが可能だということも明らかになりました。理論をある程度高い精度で正答し、計算は拾えるところを拾うという姿勢で高い成績を取ることができるのではないでしょうか。5月短答生も理論を固めることである程度安定した成績を取ることができるので、個人的にはお勧めです。今回は以上となります。

H30年公認会計士試験答案開示結果(企業法)

こんにちは。今回は会計士論文式試験の企業法について、開示結果を分析していきたいと思います。

 全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

 

企業法の素点等について

まずは開示成績についてまとめます。

第一問

素点:19/50

得点比率:21.6

偏差値:43.2

第二問

素点:36.5/50

得点比率:29.25

偏差値:58.5

合計

素点:55.5/100

得点比率=偏差値:50.85

ご覧の通り、第一問が大変な成績になっております。偏差値43.2とか足切りも見えてますね。第二問で息を吹き返しましたが、なかなか厳しい戦いとなりました。では、次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問

f:id:r-siesta823:20190407131659j:plain

予備校解答と見比べて思うのですが、企業法の見直しってどうやればいいんですかね。とりあえず問題1については検査役の話と趣旨は記述の跡が見られるので、その辺りに点数がきている気配がします。

問題2については完全に論ズレお通夜状態ですね。見直せば見直すほど、こいつバカじゃねえのと過去の自分を嘲笑したくなります。予備校解答では仮装払込について書いているのに、私の解答は利益相反ですから、ここは点数がもらえていない感じでしょうか。

素点が19点なので、そのほぼすべてを問題1で稼いで問題2は最後の方の記述で2点くらいもらえているのでしょうか。それにしても本当に企業法を勉強したのかわからないレベルの解答ですね。

第二問

f:id:r-siesta823:20190407131702j:plain

第二問は試験後に論点について盛り上がりましたね。差止なのか無効なのか、予備校の先生も含めてわいわいしていた記憶があります。

問題1については、法令違反とまで言い切ってはいませんが、外した解答は作っていないかなと思います。反対株主に該当しないなどの記述は点数がこないと思って切りましたが、書いておいた方が良かったみたいですね。

問題2については、私は差止と無効を双方検討→効力発生後のため差止できない→無効の訴えみたいな構成で書きました。これも大筋では間違ってはいなさそうです。

素点が36.5点なので(0.5点はなんなのでしょうね)、どちらも7割程度の点数がきていると予想します。

企業法まとめ

全体の偏差値は50.85でしたが、これはできない時の答練の成績くらいだったので、一応想定内に収まっています。監査論と企業法は毎回どちらかがコケるので、本試験時もどちらかコケるだろうなと予想していました。案の定企業法でやらかしましたが、これが上手くいっていれば二桁合格も視野だったので、そこだけが残念です。

まあこのように中問1つ吹き飛んだポンコツ答案でも何とか52近くまでは持っていけるので、企業法が苦手な受験生も守ることは全然できると感じでくだされば幸いです。今回は以上となります。

H30年公認会計士試験答案開示結果(監査論)

こんにちは。今回は会計士論文式試験の監査論について、開示結果を分析していきたいと思います。

 全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

監査論の素点等について

まずは開示成績についてまとめます。

第一問

素点:18/50

得点比率:27.75

偏差値:55.5

第二問

素点:22/50

得点比率:32.8

偏差値:65.6

合計

素点:40/100

得点比率=偏差値:60.55

第一問の素点がやや低いですが、理論問題はあまり得意ではないので想定範囲といった感じです。第二問の素点に対する得点比率がかなり高く感じたので、事例系の問題はあまり解けていないのではと思います。次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問

開示答案はこちらになります。

f:id:r-siesta823:20190407122618j:plain

f:id:r-siesta823:20190407122958j:plain

とりあえず感想としては、問題数と記述量が多かったなという感じです。監基報を引用すればそれなりに骨格が作れそうな問題っぽいのですが、それを引く時間がないという意味で、その場での判断が重要な気がしました。予備校の解答と比較すると、問題1は二重責任の原則と経営者が注記を検討する義務があること辺りに点が来ている気がします。問題2に関しては、方向性は合っているものの、有効性についての記述が甘いかと思いました。

問題3は完全に外してますね。ここはゼロないし1点くらいしかもらえていないでしょう。一方で問題4はそこそこ的を得た解答ができています。問題5は当時よくわからなかったので適当に作文した記憶があります。案の定ズレた解答になっていますね。

総じて時間がなくて、文章をこねこねした感じになりました。基本的に事例問題の方が得意な傾向にあったので、それほどここに時間を投入していないことも原因として挙げられます。

素点が18点なので、問題4でそこそこ稼いだものの、問題3と5はほぼ0点、それ以外で半分弱くらいの点数くらいではないかと予想します。このレベルでも科目合格程度の得点比率が取れているので、やはり母集団のレベルはそれほど高くはないと想定できますね。

第二問

開示答案はこちらになります。

f:id:r-siesta823:20190407122617j:plain

f:id:r-siesta823:20190407122624j:plain

第二問は事例形式の問題で、不正と棚卸立会辺りが問われています。問題1は不正の定義と不正対応手続を解答しましたが、予備校解答では不正の兆候を識別した場合のみが書かれていますね。無駄に字数を重ねた気がしますが、大筋ではズレた解答をしてないように思えます。問題2については、答案作成時に行数が多くて何書いたらいいか分からないなあと思った記憶があります。予備校解答はきれいにまとまっていますが、これも大筋では外していないので、そこそこ点が来ているのではないでしょうか。

問題3に関しては、伝達の項について大きな勘違いをしていますね笑。まあ振り返れば経営者と監査役への伝達だとは思うのですが、受験時はそれほど頭回りませんでした。重要性もウソは書かないで置きにいった解答となってます。未発見の虚偽表示についても他の勘定科目への不正についての言及が足りませんね。問題4は重要性の判断のところは記述が甘いですが、是正措置の部分はそこそこ書けてますね。

素点が22点なので、問題1,2,4はそれなりに点がきていて問題3はあまり点がきていない感じでしょうか。反面得点比率はまあま高いので、事例が苦手な受験生が多かったか第一問で時間をかけすぎてしまった方が多かったと予想できます。

監査論まとめ

全体の偏差値は60.55で、答練や模試の成績と比較してもこんなものかなといった感じです。監査論と企業法はボラティリティが大きい科目だったので、上手くいった時の偏差値がこれくらいでした。それにしても素点40点でも60を超えてくるのは驚きです。よく予備校の先生が母集団のレベルが高くないとおっしゃっていましたが、それはその通りだと感じました。この精度でも余裕で科目合格を超えた成績が取れるので、参考にして頂けると嬉しいです。今回は以上となります。


 

H30年公認会計士試験答案開示結果(会計学午後)

こんにちは。今回は会計士論文式試験会計学午後の部(以下財務会計論とします)について、開示結果を分析していきたいと思います。

 全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

財務会計論の素点等について

まずは開示成績についてまとめます。

第三問

素点:36/60

得点比率:29.6

偏差値:49.33

第四問

素点:39.5/70

得点比率:43.95

偏差値:62.79

第五問

素点:43.5/70

得点比率:47.8

偏差値:68.29

合計

素点:119/200

得点比率:121.35

偏差値:60.68

やや第三問の成績が芳しくないですが、第四問と第五問で引っ張った形で、合計では60を超えるに至っています。次に答案と照らしながら分析してみます。

第三問

答案はこちらになります。

f:id:r-siesta823:20190407011416j:plain

f:id:r-siesta823:20190407011419j:plain

記述欄以外の正解数:10/18
はい、これは反省点しかないですね。S/Sで間違えまくっています。なぜこうなったのかよくわかりませんが、こんなん余裕やろと思って調子こいた結果だと思います。反面理論はほぼ解答できているので、理論に救われた感じでしょうか。素点が36点なので、計算で10か所×2点で20点、理論で16点といった形ですかね。問題が平易だったため、得点比率が伸び悩んだ形になります。

第四問

答案はこちらになります。

f:id:r-siesta823:20190407011428j:plain

f:id:r-siesta823:20190407011432j:plain

記述欄以外の正解数:2/2

第四問は理論onlyなので分析し辛いですが、所感としては答練等より平易に感じました。特に講義から逸脱した問題は出ていないように思われます。もちろん私の答案に内容が足りない部分もまあまああるは思いますが、基本をおさえていればある程度かける問題だったのではないでしょうか。

それでも素点が39.5点なので、30点は落としているんですよね。典型問題における記述の精度は高めていかないといけないことが分かります。しかし偏差値に換算すると60を超えてくるので、母集団の平均はそれほど高くないこともわかります。

第五問

答案はこちらになります。

f:id:r-siesta823:20190407011434j:plain

f:id:r-siesta823:20190407011439j:plain

記述欄以外の正解数:13/18

とりあえず印象深いのは仕掛研究開発の処理ですね。こんなん分からんわと困った記憶があります。そしてとりあえずぶち込んでみて、その部分は死んでいます。反面在外子会社の部分はそこそこの精度で合わせているので、上記のような結果になりました。

また理論についてはよくわからなかったので、間違いないことをうにゃうにゃ書く戦法でお茶を濁すことにしています。その結果、予備校の解答とは異なるものの、それなりの配点をもらえたのではないかと推測します。

素点が43.5点なので、計算13か所×2点で26点、理論で17.5点という感じでしょうか。理論は会計的に間違ったことを書かないということを意識すると多少でも点が取れるのではないかと思います。この程度でも偏差値68超えてくるので、基本をおさえつつ分からないところも嘘を書かないように逃げることでそれなりに何とかなることが分かります。

財務会計論まとめ

全体の偏差値は60.68でしたが、答練等の結果を踏まえ、まあこんなもんかなという印象です。もう少し第三問で稼げればという思いもありましたが、答案に穴がないので全体最適な解答ができたのではないかと思います。またこれくらいの答案で科目合格レベルははるかに超えられるという一つの基準になったのではないかと思います。今回は以上になります。

H30年公認会計士試験答案開示結果(会計学午前)

こんにちは。今回は会計士論文式試験会計学午前の部(以下管理会計論とします)について、開示結果を分析していきたいと思います。

 全体の概要については以下の記事をご覧頂ければと思います。

管理会計論の素点等について

まずは開示成績についてまとめます。

第一問

素点:25/50

得点比率:29.2

偏差値:58.4

第二問

素点:18/50

得点比率:28.55

偏差値:57.1

合計

素点:43/100

得点比率=偏差値:57.75

第二問の素点がかなり低いですが、得点比率にはそれほど影響していません。恐らく資金管理が埋没に近い形になったからだと思われます。次に答案と照らしながら分析してみます。

第一問

開示答案はこちらになります。字が汚いのは見逃してください。

f:id:r-siesta823:20190407002850j:plain

f:id:r-siesta823:20190407002901j:plain

記述欄以外の正解数:12/17

恐らく問題2の問1のすべてに配点は振られていないと思われるので、実際はもう少し低めでしょうか。個人的には第二問に時間かけすぎて第一問に時間をかけられなかった印象があります。連産品の出題と円以下四捨五入の指示はクソだと思いました。

また予備校の解答と比較すると、理論は全体的に少しずれた解答をしているので、記述は半分くらい点が来ている感じがします。

素点が25点であることを考えると、計算等は9か所×平均1.5点で13.5点くらい、理論で11.5点くらいな感じですかね。まあこれくらい空欄でもそれなりに点がくるんだなあと思いました。

第二問

f:id:r-siesta823:20190407004143j:plain

f:id:r-siesta823:20190407004146j:plain

記述欄以外の正解数:9/21

第二問は資金管理が意味不明だった記憶があります。それでも何とか2か所くらい拾えているので、拾えるところを拾う姿勢は大事かなと思います。でもまあ第一問に使っておけば全体最適だった気もするので、微妙なところですね。問題2は問題文読み間違えて計算落としているので、きちんと読んどけば全問正解できたはずです。ちょっともったいなかったです。

また理論については、キャッシュフロー計算書の意義とかわかるかボケと思いました。問題2の意思決定会計の記述はあまり外してないので、その辺で得点しているのかなと思います。素点が18点なので、計算等で9点、理論で9点みたいな感じですかね。

管理会計論まとめ

全体の偏差値は57.75でしたが、答練等の結果を踏まえるともう少し取れてもよかったなという印象です。やはりABCでの計算ミスが痛かったですね。また理論は簡単に正答できそうな問題(問題2の最後のやつとか)と解答困難な問題(C/Sとか)が明確に分かれていた感じだったので、差がつきにくかったかなという印象を持ちました。

まあこれくらいの答案で科目合格レベルという一つの基準になったのではないかと思います。今回は以上になります。

H30年公認会計士試験答案開示結果まとめ

こんにちは。最近随分と暖かくなってきましたね。長らく更新をさぼっておりまして申し訳ありません。今回は会計士試験絡みの記事となっております。

結構前の話になりますが、私の受験した会計士論文式試験の答案開示請求をしておりました。先日開示結果が来たので今後の受験生の参考になるかと思い、結果をまとめたいと思います。

H30年の全体の結果について

H30年の結果については、公認会計士・監査審査会のHPにまとめられているので、そちらを参考にして頂ければと思います。

平成30年公認会計士試験の合格発表について

1305人が合格し、願書提出者に対する合格率は11.1%だったそうです。前年と合格率はあまり変わらないので、今後も同じくらいの合格率になるのではないかと思います。

私の受験結果サマリー

とりあえずざっくりした私の受験結果を下にまとめます。数値は得点比率、かっこ内は順位です。

  • 総合得点比率:59.27 (195位)
  • 会計学:59.70 (217位)
  • 監査論:60.55 (310位)
  • 企業法:50.85 (1132位)
  • 租税法:64.20 (135位)
  • 経営学:60.20 (287位)

全体として安定して得点することができ、全体順位もそこそこ高めな感じになりました。企業法だけはコケてしまいましたが、企業監査のどちらかはコケると思っていたので想定内です。勉強時間に対する出来栄えとしては租税法がかなり跳ねたことに驚いています。やはり論文式試験では科目数が多いので、バランスよく点を稼ぐ姿勢が求められるのではないかと思います。

各科目の詳細分析と答案について

詳細については別記事に書いていきたいと思います。記事を更新次第、リンクを下に貼っていきます。